仮面ライダーゼロワン第19話「カノジョは家売るヒューマギア」内容と感想

前回

18話「コレがワタシのいける華」

内容

─王波不動産

「いやあ~素晴らしい!すごいよ!新屋敷くん。なかなかろくにいないよこの記録。」

「まあね~」

「今月の売り上げトップも新屋敷くんだ!いやあさすがだ!」

そういうのは王波不動産の第一営業部長の奥田和郎だ。

「もうね君はね、我が王波不動産第一営業部の誇りだよ~!」

奥田和郎…長い物には巻かれるタイプ。口下手ですぐにでまかせを言う事で有名。優秀な部下を褒めちぎっては、自分の教育のおかげだと周りに言いふらしている。めんどくさい業務は全部部下任せ。そのうえ自分はよく仕事中に居眠りをしている。なぜ部長になれたのか謎である。足が臭い。

「家を売るために生まれた男ですから…俺。」

新屋敷達巳が自信満々に言う。

カフェテラスにて或人とイズと天津垓が会話している。

「人間とヒューマギアが競うお仕事5番勝負。第2回戦を始めましょう。」

「現在0勝1敗で我が社が後れをとっています。」

「絶対負けられないな。」

「次の勝負だが、お題は住宅販売です。」

「じゅじゅじゅ…住宅販売!?」

「家を売るということだ。」

唯阿がそこへやってくる。

「いやそれは知ってるよ。」

「彼が我々ZAIAの代表だ。」

「人工知能なんかに負ける気はしませんけどね。ZAIAスペックがあればなおさら。」

「我が社の代表は彼女が適任かと。スマイルで住まい売る。」

「うまい!」

どや顔で或人を見つめるイズ。

「住宅販売ヒューマギア、住田スマイルです。」

「フッ…ダッサ。」

イズが顔を歪めて新屋敷を睨む。

「勝負のルールは?」

「期限は明日から2週間。どれだけ家を売り上げるかを競う。利益を上げると言うことは重要な社長の資質ですからね。」

「よし!受けて~…立ちまーーーす!」

そう言って立ち上がる或人。

滅に不破が尋問している。

「しつこい男だな…。いつまで俺を尋問する気だ?」

「俺の質問に答えるまでだ。お前の仲間はどこにいる?」

「もはや俺の知るところではない。俺は一度破壊され、滅亡迅雷.netとの通信が遮断されたからな。」

「ならなぜレイドライザーのことを知ってる!?他に仲間がいるということだろ。」

「我らの同志を見つけたければレイダーを追え。」

「レイダー?レイドライザーで変身した個体のことか?」

「そこにあいつは現れる。」

チデン不動産

「お疲れ様です。」

「はい。」

住田スマイルが接客していた。

「いらっしゃいませ。いらっしゃい…」

「住田スマイルは不動産のビッグデータと個人情報を照らし合わせることで顧客のニーズに合わせた精度の高い住宅情報を紹介します。」

「…ませ。」

「綾小路様にはこちらのお家がおすすめです。」

顧客が差し出したライズフォンから最適な住宅を紹介するスマイル。

「いいスマイルだなあ!」

「はいどうもどうも!お世話になっております。新屋敷でございます。お客様こちらの新築分譲マンション投資家の皆様に抜群に…!いやバァッツグンにおすすめですよ!はい~。そうそうそう。大きな声では言えないんですけどここだけのはなしですね。最寄り駅周辺が今絶賛再開発中で5年後10年後には売上価格指数がガンガン上昇するんです。買った時よりも高く売れるんでぶっちゃけ俺が買いたいぐらいですよ。はい~。」

新屋敷もまた自分の会社にて顧客相手に営業をこなす。

「この一帯は緑も多く、保育施設も充実してますから子育てにはぴったりの住環境ですよ。」

「リビング広っ!」

「ベッドルームも広々ときれいです。」

「将来のお子さんのお部屋もこちらに。」

「いやあ!ホントにいい家!イエーーーイ!はい!アルトじゃないと~~!」

「今のは、いい家とイエーイという掛け声をかけた面白いジョークです。」

「きっと笑顔が絶えないお家になりますよ。」

「ここで3人で住もうか。」

「うん!」

「お買い上げありがとうございます!」

互いに違った路線で売り上げを競い合うスマイルと新屋敷。

「思いのほか接戦のようですね。」

「ハハハハハハッ…!まだ本気出してないだけなんですけどねえ、俺。」

「人間がヒューマギアに後れをとってはなりません。私はこの頭脳と身一つで巨万の利益を生み出しZAIAジャパンをここまで成長させてきました。人間にはそれだけの可能性があるんです。たった一度でもヒューマギアに敗北すれば人類はあっという間に衰退する…。あなたも不動産業界で生き残ってはいけませんよ。」

天津垓のプレッシャーにいら立ちを隠せない新屋敷。

信号待ちをしている新屋敷の背後に、謎のフードの人物が現れる。

「なんだ!?お前!」

「あなたの心が壊れかけている。」

「なんだこれ!?」

突然レイドライザーを装着される新屋敷。

「勝負に負けたくなければこれを使いなさい。」

子供たちにスマイルが囲まれている。

「中目黒様こちらの物件は中古ですが、築浅でリビングもとても広い為ご家族でゆったり過ごせますよ…!ああ~!」

「ヒューマギアなんかに負けるかよ。」

ウェーブ!

その様子をみていた新屋敷はレイドライザーにキーをセットした。

レイドライズ!

「うっ!ううっ…!」

スプラッシングホエール!

An aqua current that encompasses everything around it(周囲のすべてを取り囲む水流)

「一発お見舞いしてあげますよ。ハアッ!」

スマイルの紹介した物件が、新屋敷が変身したスプラッシングホエールレイダーによって破壊される。

「ハハハハハッ…!」

「あいつ…!」

「はあーー!!」

「やめろ!」

「どうして…家を…」

「変身!」

プログライズ!ライジングホッパー!

ゼロワンに変身した或人が、ホエールレイダーと交戦する。

「うっ!くう!!」

しかし、ホエールレイダーに吹き飛ばされてしまう。

「エイムズだ!」

そこへ不破が現れる。

「お前何者だ!?」

「誰だ?お前。」

「レイドライザー…!誰から手に入れた!?」

「レイドライザー?」

「ハハハハハ…!やる気か?」

「黙ってるなら…無理やりはかせてやる!」

アサルトバレット!オーバーライズ!

「変身!」

レディーゴー!アサルトウルフ!

アサルトウルフに変身した不破が、新屋敷を圧倒する。

しかし、巨大な水を叩きつける攻撃を不破にしかけた途端、新屋敷の姿は消えた。

「あ・・・え?」

「っち!」

或人と不破が変身を解く。

「なんでレイドライザーって名前知ってたんだ?」

「滅から聞き出した。」

「え?」

「滅が復元したということですか?」

「どこだ?すぐに破壊しないと!」

「エイムズが拘束してるから心配ない。それよりも…どうやら滅亡迅雷.netにはまだ仲間がいるらしい。」

「えっ?じゃあ今のもやつらの仕業で?」

「クジラ野郎の件はエイムズで預かる。」

「いや!でも…。」

「そっちにはそっちの仕事があるんじゃないのか?俺にも俺の仕事がある。」

「スマイル!」

破壊された住宅を見て立ち尽くすスマイルに駆け寄る或人たち。

王波不動産

「うわ!すごいな!おいこれ家を売るために生まれた男は伊達じゃないなあ!」

「俺が本気を出せばこんなもんですよ。」

遅くまで会社に残り、作業をしている新屋敷に奥田が声をかけている。

「ところで新屋敷くんってさ、どうしてこの業界入ったの?」

「えっ?家って…夢ありません?俺の実家、1K風呂無し共同トイレのめちゃめちゃ狭いアパートだったんですよ。広い家に憧れますよね。バリバリ稼いで、いつかそういう家に住もう。…って感じですかね!」

「ふーん…。」

「売り上げを引き離されてしまいましたね。」

「クジラのやつのせいだよ。こっちが売ろうとしてる家をあいつが片っ端から壊すから!」

「私には理解できません。家は人が住むところだと認識しています。なのになぜ家を壊す人間がいるのでしょうか?人間にとって家とはなんですか?」

「それは…。それは…」

「そりゃ笑顔になれる場所じゃねえのかい。」

「えっえっ?い、いきなり誰?」

「建築会社や工務店向けに我が社が派遣している大工ヒューマギア、最強匠親方です。」

「決まった。」

「大工さん!?」

「壊された家を俺が最強に直しといたぜ。」

「本当ですか!?」

「ありがとう親方!」

「おうよ。誰かが住んでくれなきゃ家が独りぼっちでさいきょーーーーうにかわいそうだしな。」

「よーし!スマイル!もう一度頑張ってみよう。」

「はい!」

「これがあなたの本気ですか。」

「フッ」

「報告によると相手側の売り物件が何者かに破壊されるケースが相次いでいるとか。」

「新屋敷さん。まさかとは思いますが何か卑怯な手を使ったりはしていませんよね?」

「別に。」

「勝負はフェアであるべきです。」

「社長さん。もしですよ?もしヒューマギアが人より家を売れるようになったら不動産業界はどうなるんですか?人件費もかからない。新人教育のコストもかからない。勝手に売り上げ伸ばして…そうしたら俺たち人間はどうなるんですか!?」

「そんな時代はきません。人間が勝つんです。それを使って。」

新屋敷のZAIAスペックを指さす天津垓。

「でももし…!」

「もし負ければ絶滅あるのみですよ。あなたも。」

「社長、どうしてあんな言い方を?」

「先日、ヒューマギアが暴走した一件。あれは蘇ったアークによる影響だ。人間から悪意を向けられ負のシンギュラリティに達した時、ヒューマギアはアークからの無線接続によって暴走する。」

「つまり、彼を追い詰めるために…?」

「悪意とは感染するものだ。人から人へ。そして人からヒューマギアへ。」

「これも飛電崩壊のためのシナリオ…。」

「いやあよかったよかった!」

「ここがいいんじゃない?」

「うん。よく希望通りの家を見つけてくれたね。」

「ありがとうございます!西神田様。」

「順調ですね或人社長。」

「ああ。あっ」

「いやあ!ヒューマギアが薦めた家なんてよく買う気になりますよね~!」

「何しに来たんですか?」

「だってそうだろ?ヒューマギアはベッドで寝ることもない。キッチンで料理もしない。トイレにも風呂にもはいらない。そんなやつに家の何がわかるってんだよ。」

「それは言過ぎでしょ!」

「私はスマイルで住まい売るをモットーに…」

「ほら!心にもない笑顔しちゃってさ!ハハハハハハ!」

「何もそこまで言う事ないじゃないですか!」

「だったら教えてやるよ!ヒューマギアにうってつけの仕事をな!」

「ちょっと!何してるんですか!?」

「お似合いだよ。24時間突っ立ってても文句ひとつ言わないんだから。」

突然やってきた新屋敷はスマイルにのぼり旗を差し込み強引に連れ去っていく。

「うってつけの仕事じゃないか。ハハハハハ!邪魔だって!」

「やめてください!」

「邪魔なんだよ!」

或人を突き飛ばした新屋敷

「ここで宣伝してろ!」

新屋敷は、広場の池に、スマイルを蹴り飛ばした。

「スマイル!」

「ハハハハハハハハ!」

或人は池に飛び込み、スマイルを救出する。

「何するんですか!」

「なんだよ!?おい!」

《悪意に満ちた人間は絶滅しろ》

「お前も入れてやろうか!」

「うるさい!黙れ!」

「人類を…滅亡せよ!!」

「イズ!全てのヒューマギアを調査したんだよな!?」

「はい。人工知能プログラムの異変は確認できませんでした。」

ネオヒ!

ネオヒマギアへと変貌するスマイル。

「スマイル!」

「うう…うう…!うわああーーー!!」

「やめろスマイル!お前はそんなやつじゃないだろ!」

新屋敷に襲い掛かろうとするスマイルを身体をはって止める或人。

「だから言ってるんです。ヒューマギアは一刻も早く廃棄すべきだと。道具であるうちはセーフですが、心を持ち、自我が芽生えるのはアウトでしょう。」

サウザンドライバー!

「なぜなら人工知能には自我を抑制する理性が存在しないのですから…。」

ゼツメツ!Evolution!

「危険すぎる。変身。」

ブレイクホーン!

パーフェクトライズ!

When the five horns cross the golden soldier THOUSER is born Presented by ZAIA

サウザーに変身した天津垓を見て或人もゼロワンドライバーを装着する。

「変身!」

キリキリバイ!キリキリバイ!バイティングシャーク!

Fangs that van chomp through concrete

スマイルを投げ飛ばすサウザー。

「スマイルに手を出すな!」

「悪いがあなたには任せられない。」

「社長の俺が責任を持って対処する!」

「人を脅かす欠陥品は…。フッ!私が廃棄する。」

容赦なくスマイルを攻撃するサウザーを背後からバイティングシャークの力で攻撃する或人。

「スマイル!」

しかしサウザーの攻撃は止まることはなかった。

「やめろ!待て!」

「うわああーーー!」

スマイルはネオヒマギアの力でサウザーを拘束する。

「フン!」

しかし、一瞬で引きちぎるサウザーはサウザンドジャッカーを構えなおも進行する。

「スマイル!目を覚ませ!」

「フン!」

「あ!」

ジャックライズ!

「ハアッ!!」

ジャッキングブレイク!

バイティングシャークの力を奪ったサウザーは、その力をスマイルに放つ。

ザイアエンタープライズ

「スマイルーー!!」

変身を解いた二人。或人は天津垓を睨む。

「ヒューマギアに青臭い夢を抱くのは勝手ですが、利益を上げられない社長など1パーセントの存在価値もありませんよ。」

次回予告

「なぜ売り上げを意識しなければならないのですか?」

いい家を見つけられるのは──

「君にとって家とはなんだね?」

人間の才能か?AIの笑顔か?

「利益を上げられない社長に価値はありません。」

「社長の仕事ってなんなんだろう?」

第20話「ソレが1000%のベストハウス」

感想

ヒューマギアは疲れもしらず文句も言わない。実在すればたしかに人間にとって脅威なので新屋敷が恐れて妨害工作をとってしまうのもわかる気がしますね~。今回もサウザー無双が続き、久々のバイティングシャークも力を奪われて必殺技要因となってしまいました!スプラッシングホエールレイダーのデザインが結構いいですね(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました