【ネタバレ注意】劇場版仮面ライダージオウOverQuartzerの内容と感想

劇場版仮面ライダージオウOverQuartzerを観てきました。ネタバレとなりますので、劇場版を観たという方だけ読んで下さいね~。

この劇場版に登場するライダー、怪人

仮面ライダージオウ/常盤ソウゴ

仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ

仮面ライダーウォズ/ウォズ

仮面ライダーマッハ/ 詩島剛

仮面ライダーバールクス/常盤SOUGO

仮面ライダーザモナス/ジョウゲン

仮面ライダーゾンジス/カゲン

仮面ライダーゼロワン(次世代ライダー)

仮面ライダーG

仮面ライダーブレン

仮面ライダー斬月カチドキアームズ

仮面ライダークウガ(漫画)

ゴライダー

平成ライダーズ

クウガ、アギト、龍騎、555、剣、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド、W、オーズ、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド

まずいきなり驚いたのが、ジオウの次の作品となる予定の仮面ライダーゼロワンが冒頭から登場したことです。

いつもですと最後の方にでてきて主人公を助けてくれて、敵を圧倒するという流れですが、まさかいきなりの登場とはびっくりしましたね。

まぁ夢オチだったのですが(笑)

TV版でドライブウォッチを継承してなかった話がありましたが、劇場版ではマッハこと詩島剛と関わり、 過去に遡ってドライブの歴史を守る戦いへ。

仮面ライダーザモナスと仮面ライダーゾンジスの襲撃を受けながらも勝利し、本当の意味でレジェンドから継承しました。(残念ながらドライブの本人客演はありませんでしたが)

継承してウォッチがすべてそろったところでクォーターイベントが発生。謎の古墳が出現し、ウォズがソウゴを古墳に備えられた玉座に案内しようとしますが、そこには既に玉座に座る男の姿が。

その男の名は常盤SOUGO。

なんと常盤ソウゴはこの常盤SOUGOの替え玉だった?

ウォズにも裏切られ心身ともに疲れ果てたソウゴ。

牢獄に閉じ込められたソウゴに声をかけるのは、木梨猛。

まさかの仮面ノリダーの登場でした。

ノリダーから激励を受け、詩島剛の救援を得て常盤SOUGOの元へ。

そして奪われたライドウォッチを取り戻すべく戦うゲイツの前に立ちふさがるウォズ。

ゲイツリバイブvsウォズギンガファイナリー、これも熱い。

疾風の高速攻撃で押していたゲイツでしたが、超銀河エクスプロージョンによって敗れる。

それでも尚、歩みをとめないゲイツ。ゲイツの放つ言葉にウォズは動揺を隠せません。

そして丸腰のまま常盤SOUGOに挑むソウゴでしたが、常盤SOUGOは仮面ライダーバールクスに変身。

バールクス

「お前たちの平成って醜くないか?」

「もう一度平成という時代を1から作り直す」

仮面ライダーバールクスの名前は、仮面ライダーブラックRXのアナグラムらしく、能力も仮面ライダーブラックRX、バイオライダー、ロボライダーのウォッチを所有しているようです。

ちなみにザモナスは仮面ライダーZO、シン、J

ゾンジスは仮面ライダーアマゾンズのアナグラムだそうです!

仮面ライダーバールクスによって圧倒されるソウゴに、ゲイツが救援に駆け付けウォッチを手渡し、グランドジオウ、ゲイツリバイブに変身し戦闘開始。

グランドジオウの能力、平成ライダーの召喚を次々に行い、バールクスに波状攻撃を仕掛けるが、次々と倒されてしまう。

なんと仮面ライダーバールクスには平成ライダーを無効化する能力があったのです。

グランドジオウ「なんで・・・!?平成ライダーの力が通用しない!?」

バールクス「平成ライダー自体に、意味がないからな。さらばだ!ジオウ!」

バールクスに為す術もないグランドジオウは圧倒されてしまう。

そして

平成生まれの人間だけを吸い上げる装置が宇宙に出現し、平成生まれの人間が次々と宇宙へ吸い上げられてしまう。

バールクスに敗れたソウゴも吸い上げられてしまうが…

夢をみて

過去の自分

両親

そして

オーマジオウの言葉で覚醒!

吸い上げられながらも体勢を整えたソウゴの右手にはオーマジオウライドウォッチが出現!

ソウゴは仮面ライダージオウオーマフォームへと変身!

その姿を見たウォズは、今まで常に持っていた本「逢魔降臨暦」を破り捨てる!

破られた逢魔降臨暦は宙へと舞い上がり、平成生まれの人間を吸い上げる装置を破壊する。

オーマフォームの力は絶大で、念力ですべてを吹き飛ばし、対象の時を急加速して老朽化させたり、さらに平成ライダーが溢れ出す能力も!

次々に現れる主役ライダー達

さらには仮面ライダーブレン

仮面ライダー斬月カチドキアームズ

仮面ライダーG(SMAPの稲垣吾郎の変身してたライダー)

ゴライダー

漫画の仮面ライダークウガが漫画のまま飛び出してきたりと

かなりカオスな状態に(笑)

祝って場を盛り上げるウォズだったが…

バールクス「偽りの王を祭り上げるのはもうたくさんだ!」

リボルケインによって身体を貫かれるウォズ。

平成ライダーが最強フォームへと次々に変身し、バールクス、ザモナス、ゾンジス達を圧倒するが、バールクスはバイオライダーライドウォッチとJライドウォッチを使って、巨大化+液状化というとんでもない行動に出る。

バールクス「俺が綺麗にまとめてやろうと思ったのに!!」

ジオウ「でこぼこで何が悪い!みんな瞬間瞬間を必死で生きているんだ!」

巨大化したバールクスに、平成ライダー全員でライダーキックを仕掛ける!

そのキックには自分たちのタイトルロゴが!?

平成ライダーキックが炸裂!!

バールクスの板状のバリアーを突き破り、そのバリアーには平成の文字が刻まれる!?

見事バールクスを破り、平成を取り戻したソウゴ達。

だが、ゲイツとツクヨミ、ウォズの姿は消え…

クジゴジ堂に一人帰るソウゴ。

そこには

消えたはずのゲイツとツクヨミが!

ソウゴ「おかえり」

ツヨクミ「ただいま」

おじさん「いや、逆でしょ」

何も知らないおじさん。

そして流れるエンディングテーマのDAPUNPのP.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~

そして…

倒されたはずのゾンジス。

その前に立ちはだかるのは

新ライダーゼロワン!

終始ゾンジスを圧倒するゼロワン。

ゾンジスはバールクスの落としていたロボライダーライドウォッチを使って、胸からミサイルを発射!(そんな技ロボライダーにあったのか?)

回避するゼロワンだが、ミサイルには誘導性能があった。

だが、フライングファルコンプログライズキーを使用して自由自在に空を飛び回るゼロワン。

最後は特有のライダーキックでゾンジスを撃破!!

ゼロワンの変身ベルト、欲しくなった。

もうなんかむちゃくちゃな映画に見えて

平成を綺麗にまとめあげたような映画でした。

ところどころメタ要素をちりばめていて、

今までにない感じで見れた映画でした。

本当に面白い映画だったので、もう一度みたい映画です。

もし見ていない人は是非見てくださいね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました